幼獣マメシバ 望郷篇

自称・旅人となった二郎と相棒・マメシバ一郎が、とある島で巻き起こす大騒動

幼獣マメシバ 望郷篇

幼獣マメシバ 望郷篇

2014年 日本 95分

監督:

亀井亨

配給:

AMGエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://mame-shiba.info

公開日:2014-09-20

2014年9月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

元・ニート、自称現・旅人の芝二郎(佐藤)と相棒のマメシバ一郎は、幼馴染のべーちゃん(高橋)と一郎の弟マメシバ三郎の住む鯨露島を訪れていた。しかし、島ではべーちゃんが三郎を連れ行方不明に。二郎は失踪情報を求め聞き込みを開始するが、巫女の小梅(竹富聖花)から三郎が「幸運を呼ぶ柴犬」として住民から崇め奉られていると知らされる。さらに、手がかりを探す二郎だが、三郎そっくりな一郎が「幸運のお犬様が帰ってきた!」と勘違いされ、ひと悶着ありそうな予感。何かと面倒なので流れに身を任せることにした二郎だが…。

口だけ達者な中年ニートが、幼いマメシバとの出会いをきっかけに新しい一歩を踏み出す人気シリーズ第4弾。初めて自らの意思で“旅に出た”主人公の二郎と、その相棒・マメシバ一郎が、とある島で巻き起こす大騒動を描く。監督は、本シリーズを手がけ続けてきた亀井亨。原作・脚本は「猫侍」等の永森裕二。主演は日本一忙しい俳優のひとりであり本シリーズでもおなじみの佐藤二朗。本作では今まで以上にキレのある“二郎節”を披露。共演には髙橋洋、竹富聖花、田根楽子、宍戸開ほか、個性的にして豪華な面々が顔を揃える。

監督:亀井亨、出演:佐藤二朗,高橋洋,竹富聖花