ザ・シークレットマン

ウォーターゲート事件でニクソン大統領を辞任に追い込んだ元FBI副長官の実話

ザ・シークレットマン [Blu-ray]

ザ・シークレットマン

MARK FELT:THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE 2017年 アメリカ 103分

配給:

クロックワークス

公式サイト:

http://secretman-movie.com

公開日:2018-02-24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1972年6月17日深夜、5人の男がワシントンD.C.の民主党本部に侵入し、盗聴装置を仕掛けようとしたところを逮捕される。後に「ウォーターゲート事件」と呼ばれる、アメリカ合衆国史上類をみない政治スキャンダルの発端である。捜査を指揮するのはFBI副長官マーク・フェルト。遅々として進まない捜査に苛立つフェルトは、やがてホワイトハウスがCIAを通じ捜査を妨害していることを察知する。事件そのものがホワイトハウスの陰謀によるものだと悟ったフェルトだが、フーバー亡き後FBI長官に就任したグレイはニクソン大統領の忠臣であり、協力は望めない。フェルトは事件の真相を白日の下に晒すため、ある決断をする。

アメリカ合衆国史上初めて任期途中で辞任に追い込まれた第37代リチャード・ニクソン大統領。その引き金となった“ウォーターゲート事件”の全容を白日の下に晒し、ニクソン政権の不法行為や腐敗を暴いた内部告発者、通称“ディープ・スロート”=FBI副長官マーク・フェルトが30年目に明かした衝撃の実話。なぜ彼は極秘の捜査情報をマスコミへリークしたのか?自らの家族やキャリア、そして将来をも危険にさらし、全てを犠牲にしてまで真相を暴くに至った全貌を描く。主人公のFBI副長官マーク・フェルト役にリーアム・ニーソン。監督は『パークランド ケネディ大統領、真実の4日間』『コンカッション』の俊英ピーター・ランデズマン。

監督:ピーター・ランデズマン、出演:リーアム・ニーソン,ダイアン・レイン,マイカ・モンロー

予告編・特報