マローボーン家の掟

美しい楽園で死体とともに暮らす4人兄妹の”掟”と屋敷に隠された秘密

マローボーン家の掟

マローボーン家の掟

MARROWBONE 2017年 スペイン/アメリカ 110分

配給:

キノフィルムズ

ジャンル:

サスペンス/スリラー

公式サイト:

http://www.okite-movie.jp

公開日:2019-04-12

2019年4月12日(金)より新宿バルト9 ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

海沿いの森の中にひっそりとたたずむ大きな屋敷。そこに暮らすマロ―ボーン家の4人兄妹は、不思議な”5つの掟”に従いながら、世間の目を逃れるように生きていた。忌まわしい過去を振り切り、この屋敷で再出発を図る彼らだったが、心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4人の希望に満ちた日々はもろく崩れ出す。屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく怪しい影。いったいこの屋敷には、いかなる秘密が隠されているのか。やがて平穏を保つための“掟”が次々と破られ、心身共に追いつめられた長男ジャックが、最愛の妹と弟たちを守るために下した決断とは......。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督 J・A・バヨナが初の製作総指揮を務めたサスペンススリラー。実の父親を殺し、森の中にたたずむ屋敷でひっそりと暮らすマローボーン家の4兄妹と、彼らが守る不可解な”掟”、一家に隠された衝撃の秘密を描く。キャストには、『サンシャイン/歌声が響く街』『はじまりへの旅』のジョージ・マッケイ、『ニンフォマニアックVol.2.』『サスペリア』のミア・ゴス、TVシリーズ「ストレンジャーシングス 未知の世界」のチャーリー・ヒートン、マシュー・スタッグが、マロ―ボーン家の4人兄弟をみずみずしく体現。そして『スプリット』『ミスター・ガラス』のアニャ・テイラー=ジョイが、ただひとり兄妹と心を通わせる重要なキャラクターを好演する。監督は、『永遠のこどもたち』『インポッシブル』の脚本を手掛け、本作が監督デビュー作となるセルヒオ・G・サンチェス。

監督:セルヒオ・G・サンチェス、出演:ジョージ・マッケイ,ミア・ゴス,チャーリー・ヒートン

予告編・特報