メアリーの総て

「フランケンシュタイン」を生み出した18歳の少女の波乱の人生を映画化

メアリーの総て

メアリーの総て

MARY SHELLEY 2017年 イギリス/ルクセンブルク 121分

配給:

ギャガ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-12-15

2018年12月 15 日(土)より シネスイッチ銀座、シネマカリテほか 全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

19世紀イギリス。小説家を夢見るメアリーは〝異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみに打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出した18歳の少女メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を映画化。可憐で聡明、そして不幸であるほど才能が開花してゆくメアリーを演じたのは、『マレフィセント』のエル・ファニング。監督は、長編映画デビュー作となる『少女は自転車にのって』で第86回アカデミー賞外国語映画賞に出品、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。

監督:ハイファ・アル=マンスール、出演:エル・ファニング,ダグラス・ブース,ベル・パウリー

予告編・特報