しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

カナダで最も有名な画家モード・ルイスと夫エベレットの夫婦の絆

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

MAUDIE 2016年 カナダ/アイルランド 116分

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://shiawase-enogu.jp

公開日:2018-03-03

2018年3月3日(土)新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ、東劇他全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモード(S.ホーキンス)は、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、町で家政婦募集の広告を見たモードは、魚の行商を営むエベレット(E.ホーク)のもとで住み込みの家政婦になろうと決意。子供の頃から重いリウマチを患い、一族から厄介者扱いされてきたモードと、孤児院で育ち、学もなく生きるのに精一杯だったエベレット。そんなはみ出し者同士の同居生活はトラブル続きだったが、やがて2人は互いを認めあい、結婚することに。そんな時、エベレットの顧客サンドラが訪れ、モードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で才能を見抜き、絵の制作を依頼する。サンドラの期待に応えようと、モードは夢中で筆を動かし始めた。壁に、板に、請求書の裏に。そんな彼女を不器用に応援するエベレット。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領からも依頼が来るが......。

小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに素朴で愛らしい絵を描き続けた画家のモード・ルイスと、不器用ながらもモードを献身的にサポートした夫のエベレットの夫婦の絆を描いた感動実話。主人公の画家モードを演じるのは、『ブルージャスミン』『シェイプ・オブ・ウォーター』の実力派サリー・ホーキンス。妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレットには、『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホーク。監督は、『荊の城』のアシュリング・ウォルシュ。

監督:アシュリング・ウォルシュ、出演:サリー・ホーキンス,イーサン・ホーク

予告編・特報