ミッドナイト・バス

原田泰造主演 深夜バス運転手の男とその家族、それぞれの再出発の物語

ミッドナイト・バス

ミッドナイト・バス

2017年 日本 157分

監督:

竹下昌男

配給:

アークエンターテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://midnightbus-movie.jp

公開日:2018-01-27

2018年1月20日(土)より新潟先行ロードショー、1月27日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

長距離夜行バスの運転手・高宮利一(原田)。16年前に妻の美雪(山本)と離婚後、故郷の新潟で暮らしつつ、新潟と東京間の運行業務にいそしんでいる。利一には美雪との間に、息子の怜治(七瀬)、娘の彩菜(葵)という子どもがいるが、別々に暮らしていた。利一にとって、東京で定食屋「居古井」を営む恋人・志穂(小西)との逢瀬がささやかな心の拠りどころだった。そんなある日、自身が乗務するバスに美雪が偶然乗車してくる。彼女は、怪我をした父・敬三(長塚)の面倒を見るために、東京から新潟まで通っているとのこと。折しも東京で働いていたはずの怜司が突然、帰郷。友人とシェアハウスに住む娘の彩菜は、結婚と思い描く夢の間で揺れていた。新潟で共に過ごす機会が増えた利一たち。一度壊れた家族の心は、徐々に再び通い合う。やがて、それぞれの人生に向けて、新たな時間が動き出していくのだった。

直木賞候補に挙がった伊吹有喜の同名小説「ミッドナイト・バス」(文春文庫刊)を映画化。新潟と東京を行き交う深夜高速バスの運転手を主人公に、別れた元妻、息子、娘、そして現在の恋人との葛藤のなかで、一度壊れた家族がもう一度向き合い、それぞれの人生の一歩を踏み出して再出発していく姿を描いた物語。主人公のバス運転手・利一役には、俳優としても活躍する原田泰造。元妻・加賀美雪に山本未來。ひたむきに利一を想う東京の恋人・古井志穂役に小西真奈美。利一の息子・高宮怜司を七瀬公、娘・高宮彩菜役を葵わかな。そしてベテラン・長塚京三が、軽い認知症を患う美雪の父・山辺敬三を演じる。監督は、原田の映画初主演作『ジャンプ』以来2度目のタッグとなる竹下昌男。

監督:竹下昌男、出演:原田泰造,山本未來,小西真奈美

予告編・特報