耳を腐らせるほどの愛

NON STYLE 石田明脚本・井上裕介主演によるミステリー・コメディ

耳を腐らせるほどの愛

耳を腐らせるほどの愛

2019年 日本 90分

監督:

豊島圭介

出演:

井上裕介(NON STYLE)、森川葵黒羽麻璃央山谷花純信江勇MEGUMI八嶋智人石田明(NON STYLE)

配給:

KATSU-do

ジャンル:

コメディ/ミステリー

公開日:2019-06-14

2019年6月14日(金)より大阪ステーションシティシネマほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

無人島のリゾートホテルで男の死体が発見された。死んでいたのは「たとえ話サークル」の合宿で島にやって来た部長の鈴木鈴吉(井上)。死体には何者かにガラス製の大きな灰皿で殴打された痕跡があった。警察を呼ぼうとするも、携帯の電波も入らない場所であり、ホテルの電話線も何者かによって全て切られていた。偶然ホテルに居合わせた探偵の真壁(八嶋)は、宿泊客の誰かが鈴木を殺害したと見て、助手の納冨(菅原)とともに捜査を開始する。ホテルには、鈴木とともにサークルで来ていた倉敷純一(黒羽)と葉山瑠奈(森川)、 福山朱音(山谷)、小倉由愛(信江)の3人の女性、自殺のために来た白木みどり(長井)、謎の男の黒柳哲(小木)、鈴木の彼女と言う豊橋千秋(MEGUMI)、そして管理人の出口誠二(村田)といった面々。真壁の事情聴取から、鈴木がサークルの女子たちと複雑な関係であったことが判明し、他の宿泊者にも知られざる事実が明らかになって行く。果たして犯人は誰なのか?鈴木の死の真相とは?

お笑いコンビNON STYLEの石田明が脚本、井上裕介主演によるミステリー・コメディ。無人島のリゾートホテルを舞台に、サークルの合宿に来ていた男の死体が発見されたことから始まる会話劇。死体となった主人公・鈴木鈴吉を演じるのは映画初主演となった井上裕介(NON STYLE)。偶然ホテルに居合わせた探偵の真壁役に八嶋智人。ほか、容疑者となるのは、森川葵、黒羽麻璃央、山谷花純、信江勇、村田秀亮(とろサーモン)、菅原永二、長井短、小木茂光、MEGUMI といった面々。監督は、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』『ヒーローマニア-生活-』の豊島圭介。

監督:豊島圭介、出演:井上裕介,森川葵,黒羽麻璃央

予告編・特報