みなさん、さようなら

団地から一歩も出ずに生きると決め、大人になった青年の成長を描いた感動物語

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら

2012年 日本

監督:

中村義洋

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://minasan-movie.com/

公開日:2013-01-26

2013年1月26日(土)、テアトル新宿ほかにて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

渡会悟は1980年代に団地で生まれる。ごく普通に育った悟は、小学校の卒業とともに、「団地から一歩も出ずに生きていく」と決めてしまう。中学校には通わず、団地内のパトロールを日課に、毎日自分が作ったスケジュール通りに日々を過ごし成長していく。小学校の同級生たちの帰宅を出迎え、団地内のケーキ屋に就職し、同級生と婚約もし、団地の中だけで、精いっぱい青春を謳歌していく。やがて時代は移り、多くの人が団地を出ていくようになる。悟一人が取り残されるかのように、同級生の人数はどんどんと減っていく。それでも、悟は変わらず団地の中だけで生きている。そんなある日、悟は命がけの戦いに挑むこととなる。「団地から一歩も出ずに生きていく」と決めた本当の理由を胸に抱きながら…。

団地から一歩も出ずに生きると決めて大人になった少年が、孤独や葛藤に苛まれながら成長する姿を描いた、可笑しくも愛おしい感動の物語。監督は、『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷりん』の中村義洋。「団地から出ない」主人公・悟の12歳から30歳までを見事に演じきったのは、中村組の常連で『ポテチ』に続く主演となる濱田岳。悟と共に団地で成長していく同級生たちを演じる若手俳優陣に、倉科カナ、永山絢斗、波瑠。また、田中圭、ベンガル、大塚寧々などのベテラン俳優陣が脇を固める。原作は第一回パピルス新人賞を受賞した、久保寺健彦の同名小説。

監督:中村義洋、出演:濱田岳,倉科カナ,永山絢斗