マイ・ビューティフル・デイズ

『君の名前で僕を呼んで』T・シャラメ主演 年上の女性教師への不器用な恋心

マイ・ビューティフル・デイズ

マイ・ビューティフル・デイズ

MISS STEVENS 2016年 アメリカ 86分

配給:

ファインフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-11-01

2019年11月1日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ビリーは人づきあいが苦手で無口な高校生。そんな彼が気になるのは英語教師でどこか憂いのあるスティーヴンス先生。ある週末、ビリーはクラスの活発な女の子マーゴットに誘われ、陽気なサムと、引率を引き受けたスティーヴンス先生の4人で車に乗って演劇大会に参加することに。一方スティーヴンス先生は、出発前に校長から心配ごととして、ビリーには行動障害があり薬を飲んでいることを告げられる。先生に少しでも近づきたいビリーは、彼女のことを「レイチェル」と呼んだり、朝から2人きりで出掛けたり、ホテルの部屋を訪れたりとアプローチをする。スティーヴンス先生は、生徒との関係には細心の注意を払いたかったが、真っ直ぐ感情をぶつけてくるビリーに少しづつ翻ろうされていく。

『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメが、美しい英語教師に秘かに恋心を抱く、行動障害がある男子学生を演じた青春ドラマ。英語教師ミス・スティーヴンス役には、ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズ、「グッド・ワイフ」のリリー・レーブ。ビリーの同級生には、『ガルベストン』のリリ・ラインハート。監督は本作が長編デビュー作のジュリア・ハート。

監督:ジュリア・ハート、出演:ティモシー・シャラメ,リリー・レーブ,リリ・ラインハート

予告編・特報