ミスミソウ

漫画家・押切蓮介原作の人気コミックを山田杏奈・清水尋也共演で実写映画化

ミスミソウ

ミスミソウ

2018年 日本

監督:

内藤瑛亮

配給:

ティ・ジョイ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://misumisou-movie.com/

公開日:2018-04-07

2018年4月7日(土)より 新宿バルト9ほか全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京から田舎に転校してきた野咲春花(山田)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黑妙子(大谷)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか。春花が選んだ道とは…。

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』を実写映画化。東京から田舎に転校してきて、壮絶なイジメを受けている主人公・野咲春花役には、本作で初主演を射止めた山田杏奈。春花を学校で支えている唯一の味方・相場晄役を、『渇き。』『ちはやふる 上の句/下の句』の清水尋也。ほかに大谷凜香、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、森田亜紀、戸田昌宏、片岡礼子、寺田農らが出演。監督は、『ライチ☆光クラブ』『先生を流産させる会』の内藤瑛亮監督。

監督:内藤瑛亮、出演:山田杏奈,清水尋也,大谷凜香

予告編・特報