御手洗薫の愛と死

吉行和子&松岡充共演。女流小説家と若き男性作家の愛憎を描いたミステリー

御手洗薫の愛と死

御手洗薫の愛と死

2013年 日本 114分

監督:

両沢和幸

配給:

ダブルス

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://mitarai-movie.com

公開日:2014-01-18

2014年1月18日(土) 有楽町スバル座ほかにてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

著名な小説家の御手洗薫(吉行)は、パーティーの帰りに車で一人の女性を跳ねてしまう。被害者の息子であり、自らも小説家のはしくれだという神崎龍平(松岡)は、事故を表沙汰にしたくない薫に対して意外な提案をする。「あなたの原稿を私の名前で発表させて下さい。そうすれば事故の事は黙っています」。薫は龍平の要求をのみ、ゴーストライターとなった。脅迫から始まった二人の関係は、不思議な関係だった。やがて富と名声を手に入れた龍平は、若く美しい編集者の桂木百合子と関係を持つ様になり、一度手にした甘い生活の魅力から抜け出すことが出来なくなっていた。そんな龍平を見守る薫にある疑問が沸き起こり、二人の関係は、やがて悲劇的な色彩を帯びてくるのだった…。

著名な女流小説家と若き男性作家の愛憎を描いたミステリー作品。主人公の御手洗薫役に吉行和子。御手洗薫と奇妙な縁で結ばれ、薫に自分の小説のゴーストライターとなる様に迫る野心溢れる新進作家・神崎龍平役には、ロックバンドSOPHIAのヴォーカルで、舞台・ミュージカル界でも活躍する松岡充。二人を支えるキャスト陣に、益岡徹、松重豊、小島聖らが名を連ねる。脚本・監督は、「ナースのお仕事」など人気TVドラマや映画『ディア・フレンズ』『ベイビィ・ベイビィ・ベイビィ』の両沢和幸。

監督:両沢和幸、出演:吉行和子,松岡充,小島聖