みとりし

”看取り士”をテーマに「如何に生き、死を迎えるか」を問う感動作

みとりし

みとりし

2019年 日本 110分

監督:

白羽弥仁

配給:

アイエス・フィールド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-09-13

2019年9月13日(金)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

交通事故で娘を亡くした定年間際のビジネスマン・柴久生(榎木)。自殺を図ろうとした彼の耳に聞こえた「生きろ」の声。それは友人・川島の最期の時の声だと彼の“看取り士”だったいう女性から聞かされる。”看取り士”とは、最期に残された時間を旅立つ人、見送る人に寄り添い、支える人のことだった。5年後、柴は岡山・備中高梁でセカンドライフを”看取り士”として、9才の時に母を亡くした23才の新人・高村みのり(村上)たちと最期の時を迎える人々を温かく支えているのだった。

誰にでもおとずれる最期の時、住み慣れた自宅や、本人の希望する形で温かい死を迎えるために、旅立つ人、見送る人をサポートし、それぞれの心に寄り添いながら見届ける“看取り士”を描いたドラマ。主人公・柴久生役に榎木孝明。新人看取り士・高村みのり役を1,200人のオーディションから選ばれた新進女優・村上穂乃佳が演じる。ほかに斉藤暁、つみきみほ、宇梶剛士、櫻井淳子等が脇を固める。監督は『ママ、ごはんまだ?』の白羽弥仁。

監督:白羽弥仁、出演:榎木孝明,村上穂乃佳,高崎翔太

予告編・特報