モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト

ロンドン発、音楽によって結びついた男女の終わりから始まる、愛と人生の物語

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト

MODERN LIFE IS RUBBISH 2017年 イギリス 104分

配給:

SDP

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-11-09

2018年11月9日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか 全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

レコード店でロックバンド、blurのアルバムを選んでいる時に出会った二人、リアム(ジョシュ・ホワイトハウス)とナタリー(フレイア・メ―バー)。リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを忌み嫌い、昔ながらの”手作り感“のあるCD、レコードコレクションを大切にしている夢見るミュージシャン。ナタリーは、レコードジャケットデザイナーになる夢をもちながらも二人の生活を支えるために、広告会社で働くキャリアウーマン。そんな二人の生活のすれ違いにより別れの時を迎える事になる。想い出の品々を整理する二人であったが、二人をかつて結んだ音楽がまた彼らを元の場所へ引き寄せていく――。

音楽を通じて出会った1組の男女の人生を、彼らの傍にいた音楽と共に振り返るラブストーリー。夢見るミュージシャン、”泣き虫ギタリスト”リアムを熱演するのは、今作が長編映画初主演となる新鋭ジョシュ・ホワイトハウス。恋人ナタリー役は『サンシャイン/歌声が響く街』のフレイア・メーバー。二人の選択に影響を与える俳優陣は、”伝説の音楽プロデューサー”ザ・カーブを演じる名脇役イアン・ハート。UKの人気バンド”blur(ブラー)”のアルバムと同名タイトルの本作には、RADIOHEAD、Spiritualized、The 1975など、UKバンドの曲が劇中に数多く登場する。

監督:ダニエル・ギル、出演:ジョシュ・ホワイトハウス,フレイア・メーバー,イアン・ハート

予告編・特報