桃とキジ

「桃太郎」ゆかりの地・岡山を舞台に描くハートフルストーリー

桃とキジ

桃とキジ

2016年 日本 83分

監督:

喜多一郎

配給:

ベストブレーン

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-09-09

2017年9月9日(土)よりシネマート新宿にて1週間限定レイトショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

保育園のお遊戯会で『桃太郎』を演じた女の子、小島桃(櫻井)。同級生の男の子をお供にしたがえ、見事に演じあげた。その後、演劇に目覚め、女優を志し、岡山から18歳で上京するも、そこは厳しい世界だった。それでも頑張って来られたのは、女優を応援してくれた父がいたからだった…。ところが、その父は病死。その後も全く芽が出ず、生活も苦しく、気付けば26歳に。でも、どこかで思っていた。「自分には帰る実家がある」と。そんなある日、母が一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知る。慌てて実家に戻り、保育園の同級生でキジ役だった秋山洋介(弥尋)、サル役だった山口海人(木ノ本)、イヌ役だった岸本成多(北村)と再会するのだったが……。

「桃太郎」ゆかりの地・岡山を舞台に描くハートフルストーリー。保育園で「桃太郎」を演じたのがきっかけで女優を目指し上京した女性が、5年ぶりに故郷へ帰り、自身や家族、郷土の友人との絆を見つめ直す姿を描く。主人公・桃を演じるのは、本作が映画主演デビューの櫻井綾。主人公を支える同級生・キジ役は、元・MENS’ NONNOモデルで、現在は俳優業に専念をしている弥尋(みひろ)。ほかに甲本雅裕、手塚理美、千鳥・大悟、ベンガルが脇を固める。メガホンを取るのは『Life on the longboard』、『ヨコハマ物語』などの喜多一郎。

監督:喜多一郎、出演:櫻井綾,弥尋,木ノ本嶺浩

予告編・特報