懺悔

テンギズ・アブラゼ監督作、ジョージア映画の名作「祈り 三部作」を日本初公開

懺悔

懺悔

MONANIEBA 1984年 ジョージア 153分

配給:

ザジフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-08-04

2018年8月4日(土)より、3作品同時公開! 岩波ホールほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

架空の地方都市で、元市長の墓が何者かに暴かれ、犯人の女性が捕らえられる。彼女の証言によって、元市長の独裁により、多くの市民が粛清されたことが明らかになってゆく。

ジョージア映画史の戦後の発展を担ってきた巨匠テンギズ・アブラゼ監督が21年の歳月をかけて完成させた「祈り 三部作」(『祈り』『希望の樹』『懺悔』)を日本で初めて一挙上映。1984年制作の『懺悔』は、独裁者によって困難を強いられる市井の人々を描き、3つの異なる視点で一貫して社会の不条理を告発し続けた。スターリン時代を描いたといわれ、ソ連邦のペレストロイカの象徴となった。1987年カンヌ国際映画祭 審査員特別賞・国際批評家連盟賞・キリスト教審査員賞、シカゴ国際映画祭審査員特別賞、1988年ソ連アカデミー賞 作品賞・監督賞・主演男優賞・撮影賞・脚本賞・美術賞受賞

監督:テンギズ・アブラゼ、出演:

予告編・特報