モンスターズクラブ

豊田利晃監督×瑛太主演。実在する爆弾魔“ユナボマー”に基づいた衝撃の物語

モンスターズクラブ

モンスターズクラブ

2011年 日本 72分

監督:

豊田利晃

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://monsters-club.jp/

公開日:2012-04-21

2011年4月21日(土)、ユーロスペース他にてロードショー!!

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

見渡す限りの雪原の、真っ白な世界。人間がいない山奥でたったひとり生きる男。あらゆるものを捨て去り、飢えないために獣を殺し、食べ、眠り、むさぼるように読書し、ひたすら孤独と向う日々。社会と隔絶された場所での唯一の仕事…それは爆弾を作ってはあらゆる機関や企業に送りつけ、日本社会のシステムを壊すことだった。そして遂に最後の“偉業”を達成しようとしていた夜、ある出来事が起こる。その出来事は男の知られざる過去を暴き、運命を思いもよらぬ結末へと向かわせるのだった―。

豊田利晃監督が、アメリカに実在する爆弾魔“ユナボマー”(セオドア・カジンスキー)の生涯に着想を得て製作した衝撃のドラマ。豊田監督の『青い春』でスクリーンデビューした瑛太が、『ナイン・ソウルズ』『空中庭園』を経て4度目のタッグとなる本作で初主演。主人公で爆弾魔の垣内良一を熱演する。良一の家族を演じる共演者には、窪塚洋介、バンド「RIZE」のKenKen、『蘇りの血』の草刈麻有、松田美由紀、國村隼があたる。

監督:豊田利晃、出演:瑛太,窪塚洋介,KenKen