マザー

楳図かずお初監督作。自伝的ストーリーを映画化した恐ろしくも切ないホラー

マザー

マザー

2014年 日本

配給:

松竹メディア事業部

ジャンル:

ホラー

公式サイト:

http://mother-movie.jp

公開日:2014-09-27

2014年9月27日(土) 新宿ピカデリー他 ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

漫画家・楳図かずお(片岡)のもとに、ある出版社から彼の生い立ちを本にしたいという話が舞い込む。担当編集者・若草さくら(舞羽)は取材をするうちに、楳図独特の創作の原点には、亡くなった母・イチエ(真行寺)の影響が大きいことを知る。やがて、楳図の生い立ちを調査するさくらの周りで次々に起こる怪奇現象。別荘の窓についた謎の手の跡、タクシーの隣席に見えるいないはずの人影、楳図のまわりに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿…。死んだはずの母の怨念が、楳図とさくらのまわりで底知れぬ恐怖を巻き起こしはじめる!!

「おろち」「洗礼」「漂流教室」など独特の世界観を持つ数々の作品で社会現象を巻き起こし、日本を代表する漫画家楳図かずおが77歳にして映画監督としてデビュー。楳図自ら脚本も手掛け挑むのは、数々の作品で読者を魅了してきた「楳図ワールド」の秘密を解き明かすような自叙伝的なストーリー。片岡愛之助演じる漫画家・楳図かずおの生い立ちを調査する担当編集者が、母・イチエの謎に迫るとき、母の怨念が恐怖を巻き起こしていく。共演は、宝塚出身で『超高速!参勤交代』に出演した舞羽美海、母・イチエを真行寺君枝。また、楳図ファンを公言する中川翔子が主題歌を担当し友情出演する。

監督:楳図かずお、出演:片岡愛之助,舞羽美海,真行寺君枝