無伴奏

小池真理子の半自叙伝的小説を成海璃子・池松壮亮・斎藤工共演で映画化

無伴奏

無伴奏

2016年 日本

監督:

矢崎仁司

配給:

アークエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://mubanso.com

公開日:2016-03-26

2016年3月26日(土)より 新宿シネマカリテほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1969年。日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代に、仙台の高校に通う多感な女子高校生の響子(成海)。友人に連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運んだ響子は、そこで渉(池松)、祐之介(斎藤)、エマ(遠藤)と出会う。響子は、バッヘルベルのカノンをリクエストする渉に興味を抱く。ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく…。

1990年に出版された小池真理子の半自叙伝的同名小説を映画化。1969年の仙台を舞台に、多感な女子高生・野間響子と、喫茶店「無伴奏」で出逢った大学生・堂本渉、渉の友人・関祐之介、祐之介の恋人・高宮エマのせつない恋を描いたドラマ。主人公の野間響子を演じるのは成海璃子。響子が心底のめり込むほど好きになってしまう渉には池松壮亮。祐之介に斎藤工。祐之介の恋人・エマ役にnon-noモデルの遠藤新菜。響子の父親に光石研、響子の叔母に藤田朋子など、ベテラン個性派俳優陣が脇を固める。監督は、メガホンを取ったのは、『太陽の坐る場所』の矢崎仁司監督。

監督:矢崎仁司、出演:成海璃子,池松壮亮,斎藤工