パリ3区の遺産相続人

パリ・マレ地区を舞台に、アカデミー賞俳優たちの共演で贈る家族再生の物語

パリ3区の遺産相続人

パリ3区の遺産相続人

MY OLD LADY 2014年 アメリカ/イギリス/フランス 107分

配給:

熱帯美術館

ジャンル:

ドラマ

公開日:2015-11-14

2015年11月14日(土)Bunkamuraル・シネマほかよりロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

疎遠だった父親が亡くなり、パリの高級アパルトマンの遺産相続のためニューヨークからやってきたマティアス。早々に売り払って借金を清算し人生をやり直すつもりだったが、厄介な不動産売買制度「ヴィアジェ」が立ちはだかる。アパルトマンに住む元所有者の老婦人マティルドが亡くなるまでは売ることができず、さらに毎月、彼女に年金を支払い続けなければいけないというのだ。マティアスの父親は、なぜ家族を置いて異国のパリに通い、このアパルトマンを買い取ったのか?マティアス、マティルド、そしてマティルドの娘クロエは、遺産を巡る出会いをきっかけに、長年胸に秘めてきたそれぞれの思いを打ち明けることになる。やがて亡き人が本当に遺したかったものが何だったのかを3人は見出していくー。

パリ・マレ地区を舞台に、高級アパルトマンの相続問題をきっかけに家族再生と恋、そして亡き人が本当に残したかったことに気付いてゆく感動作。主人公のマティアスにケヴィン・クライン、アパルトマンに住む老婦人マティルドにマギー・スミス、マティルドの娘クロエをクリスティン・スコット・トーマスが演じ、豪華キャストが勢揃い。監督・脚本は『いちご白書』『さらば青春の日』などの映画脚本や、数多くの舞台脚本で知られ、本作が長編監督デビューとなるイスラエル・ホロヴィッツ。

監督:イスラエル・ホロヴィッツ、出演:ケヴィン・クライン,マギー・スミス,クリスティン・スコット・トーマス