4/猫 ねこぶんのよん

とある駅に住みつく一匹の猫が物語を繋ぐ、不器用な人間たちの4つの物語

4/猫 ねこぶんのよん

4/猫 ねこぶんのよん

2015年 日本 94分

配給:

東京テアトル

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.nekobunno4.com

公開日:2015-12-12

2015年12月12日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

漫才コンビを組む笑太と美帆子。2人が生み出したカップル漫才の人気も上々で、全国進出のチャンスが巡ってくるが、美帆子はコンビを解散したいと言い出す。そんな時、父の訃報が届いた笑太は、ある決意をする(『猫まんま』)。SF好きの女子中学生ひかりは、「私はあなたの未来の娘です」という嘘メールを、面白半分で見知らぬ相手に送る。すると、ひかりの突飛なタイムトラベル話を信じる男が現れ、2人は未来のためにある行動に出る(『ひかりと嘘のはなし』)。

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」から、「一匹の猫が住みつく、とある駅を利用する市井の人を描く」をテーマに、若手映画監督4人が手掛けた4本の短編作品。解散の危機を迎えた漫才コンビの顛末を描く『猫まんま』(上田慎一郎監督)、女子中学生の嘘のメールが招いた思いがけない事態を描く『ひかりと嘘のはなし』(早坂亮輔監督)、スリを働く母娘の絆を描く『一円の神様』(浅沼真也監督)、休業中のホテルの支配人と事情を抱える宿泊客の交流を描く『ホテル菜の花』(中泉裕矢監督)。三浦誠己、木南晴夏、柴田杏花、長谷川朝晴、山田キヌヲ、朝倉あき、山中崇といった実力派俳優、若手俳優が見事なアンサンブルで心温まる人間ドラマを織りなす。物語を繋ぐ猫には、『猫なんかよんでもこない。』にも出演する売れっ子猫ののり子ちゃん。

監督:上田慎一郎,早坂亮輔,浅沼真也、出演:三浦誠己,木南晴夏,柴田杏花