猫は抱くもの

沢尻エリカ主演、アラサ―女性と飼い猫の関係を描いたハートウォーミングストーリー

猫は抱くもの

猫は抱くもの

2018年 日本 109分

監督:

犬童一心

出演:

沢尻エリカ吉沢亮峯田和伸コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松了

配給:

キノフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://nekodaku.jp

公開日:2018-06-23

2018年6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。

人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説を映画化。アイドルの夢を諦めた、妄想好きのアラサ―女性・沙織と、自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫の良男の関係を中心に、自分らしく生きるすべを見つけていく物語。主演は、『ヘルタースケルター』以来6年ぶりの主演となる沢尻エリカ。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは吉沢亮。「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、「銀杏BOYZ」の峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場する。メガホンをとったのは繊細な恋愛ドラマから歴史大作まで手掛ける犬童一心監督。

監督:犬童一心、出演:沢尻エリカ,吉沢亮,峯田和伸

予告編・特報