逃げた魚はおよいでる。

染谷俊之&赤澤燈共演による珍道中シリーズ第4弾にして完結編

逃げた魚はおよいでる。

逃げた魚はおよいでる。

2017年 日本 92分

監督:

毛利安孝

配給:

ユナイテッドエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-12-02

2017年12月2日(土)より順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

商店街の福引でひょんな事から台湾旅行券を譲り受けた田宮(染谷)、青島(赤澤)、丸井(廣瀬)の3人。いつものようにノープランで台湾の地に降り立った一行だったが、到着するやいなやトミー(輝山)と名乗る青年に執拗に付きまとわれる。何とか振り切ろうと逃げ込んだ部屋で、突然銃声が鳴り響き、そこにはアタッシュケースを抱えた瀕死の男がいた。さらに、その現場を目撃した一行は何者かに追われる羽目に。逃げる道中に、田宮とはぐれてしまった青島と丸井は追ってに迫られ絶体絶命の状況。そんな2人の目の前に現れたのは、いつもと雰囲気が違う田宮だった。こうして田宮・青島・丸井のシリーズ史上もっとも最悪の1日が幕をあけた。

高校からの腐れ縁である田宮・青島コンビの旅路を描いた『カニを喰べる。』、さらに丸井が加わった『羊をかぞえる。』『天秤をゆらす。』。今までに様々な珍道中を繰り広げてきた3人が、第4弾にしていよいよその歴史に幕が降ろされる。シリーズファイナルの舞台は日本を飛び出し、美食・歴史・人情の国“台湾”。田宮・青島役はシリーズを支えてきた染谷俊之と赤澤燈。お人好しの丸井役には、廣瀬智紀。監督・脚本はシリーズの生みの親である毛利安孝が務める。

監督:毛利安孝、出演:染谷俊之,赤澤燈,輝山立

予告編・特報