人間失格('09)

青春文学の最高峰が遂に映画化!酒と女に溺れて破滅していく青年の運命を描いた物語

(仮)人間失格 豪華版 [DVD]

人間失格('09)

2009年 日本 134分

原作:

太宰治((角川文庫))

配給:

角川映画

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://www.ns-movie.jp/

公開日:2010-02-20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

貴族院議員の父親を持ち、津軽では有名な資産家の息子・大庭葉蔵(生田)。幼少期より自意識にまみれ、世間とうまくなじめない彼は、周囲と馴染む唯一の手段が“道化”だった。上京して高等学校に入った葉蔵は、同じ画塾に通う堀木(伊勢谷)に出会い、酒に溺れ放蕩を繰り返すようになっていくが、そんな生活にも疲れていく。しかし葉蔵は女に不自由することがなかった。その中でも、金なしで酒を飲ませてくれるカフェの女給・常子(寺島)に、自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は、ある日、鎌倉の海で心中を図る。だが、死んだのは常子だけ…。事件後、子持ちの女記者、静子(小池)のアパートに転がり込んだ葉蔵は、向かいにあるタバコ屋の看板娘、良子(石原)にひかれ結婚を決意するのだが…。

時代を超え、いまなお愛され続ける文豪・太宰治の最高傑作である「人間失格」を映像化。幼少期より過剰な自意識から周囲になじめず、青年期には酒や女に溺れて破滅していく主人公、葉蔵の心の彷徨を描く。主人公、葉蔵を演じるのは、映画初出演にして初主演を飾る生田斗真。友人の堀木には『ブラインドネス』の伊勢谷友介。原作にはない実在の詩人、中原中也には、V6の森田剛。葉蔵をとりまく女たちには、寺島しのぶ、石原さとみ、坂井真紀、小池栄子、室井滋、そして大楠道代、三田佳子ら絢爛豪華女優陣が扮する。

監督:荒戸源次郎、出演:生田斗真,伊勢谷友介,三田佳子