のみとり侍

阿部寛主演、江戸の浮世で巻き起こる愛と笑いの痛快人間喜劇

のみとり侍 DVD通常版

のみとり侍

2018年 日本 110分

監督:

鶴橋康夫

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ/時代劇

公式サイト:

http://nomitori.jp/

公開日:2018-05-18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部)は、藩主・牧野備前守忠精(松重)主催の和歌の会に出席。そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、江戸の裏稼業“猫ののみとり”を命じられる。猫の“のみとり”とは文字通り、猫の蚤を取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。“のみとり”としての新生活が始まっていく寛之進は、ほどなくして亡き妻に瓜二つの女・おみね(寺島)と運命的な出会いを果たす。幸運なことに、初めての“のみとり相手”がおみねとなり、胸が高鳴る彼だったが、“のみとり”開始数分後、「この、下手くそ!」と罵られ失意のどん底へ。そんな中、恐妻家・清兵衛(豊川)の助けにより、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、“のみとり”侍として一人前となっていく。しかし、時代は、老中・田沼意次(桂文枝)の失脚により急遽“のみとり”禁止令が敷かれる。 寛之進はじめ“のみとり”たちは、一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう——。

歴史小説作家・小松重男の短編集「蚤とり侍」の人気エピソードをもとに、『後妻業の女』の鶴橋康夫監督が映画化。江戸の浮世で巻き起こる愛と笑いの痛快人間喜劇。生真面目すぎるその性格が災いし、上司の逆鱗に触れ、“蚤とり業”に左遷されてしまった主人公のエリート藩士・小林寛之進役に阿部寛。寛之進の最初のお客・おみねと寛之進の亡き妻の一人二役を寺島しのぶ。寛之進の窮地を救う江戸N0.1の伊達男・清兵衛を演じるのは、豊川悦司。ほかに、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった個性豊かな豪華俳優陣が集結する。

監督:鶴橋康夫、出演:阿部寛,寺島しのぶ,豊川悦司

予告編・特報