広告会社、男子寮のおかずくん

大人気料理男子コミックを映画化 “江の島”で奮闘する、おかずくん入社3年目の夏

広告会社、男子寮のおかずくん

広告会社、男子寮のおかずくん

2019年 日本

監督:

三原光尋

配給:

バップ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-07-12

2019年7月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ミナト広告会社で働き、社員男子寮に入居している西尾(黒羽)・東良(崎山)・北(小林)・南郷(大山)の4人は、クセのあるクライアントに悩まされながらも、“幸せな広告を作るため”お仕事にまっしぐら。ライバルの電報社からコンペで勝ち取った「江の島グルメ協会」からの新プロジェクトは、未だ広告に掲載されたことのない店舗紹介を求められる江の島グルメのタウン誌制作だった。 仕事に行き詰まっていたおかずくんに、江の島出身の東良が、高校の先輩・中野美夏(逢沢)の父・中野友和(田中)がオーナーでシェフをつとめるイタリアンレストランを紹介する。 絶品ペスカトーレを口にしたおかずくんは、タウン誌への掲載を依頼するがお店から追い出されてしまう。入社3年目の夏に直面する、“広告”の理想とシビアな現実の行方はいかに!

料理男子コミックとして人気を博す「広告会社、男子寮のおかずくん」が、実写ドラマ化に続き実写映画化。入社3年目、ライバルの大手広告会社から勝ち取った新プロジェクトにより、“広告”の理想とシビアな現実に直面し奮闘するおかずくんを描く。主人公の若手営業・西尾和役には黒羽麻璃央。同期のマーケティング東良役に崎山つばさ。先輩のアートディレクター北役に小林且弥。経理部の南郷役に大山真志。彼らが働く広告会社の上司・同僚・クライアント役に、橋本美和、久野雅弘、金剛地武志、徳井優、赤間麻里子。監督は、『燃えよピンポン』『村の写真集』『しあわせのかおり』の三原光尋。

監督:三原光尋、出演:黒羽麻璃央,崎山つばさ,小林且弥

予告編・特報