想いのこし

岡田将生&広末涼子共演、死者の“想い”を伝えるため奔走する男を描いたドラマ

想いのこし

想いのこし

2014年 日本

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.omoinokoshi.com/

公開日:2014-11-22

2014年11月22日(土)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

金と女に目がないダフ屋のガジロウ(岡田)、29歳。甘いマスクで次から次へと女を口説き、軽口でチケットを売りさばく生粋の遊び人だ。そんな彼にある日おとずれた不慮の交通事故。幸い無傷で済んだガジロウだったが、その事故で亡くなったポールダンサーのユウコ(広末)と、彼女の仲間たちが現れる。小学生の一人息子を残して逝ったユウコ、結婚式を目前に控えていたルカ(木南)、同級生に密かに想いを寄せていたケイ(松井)、そしてやり残した仕事を忘れられない元消防士のジョニー(鹿賀)。それぞれがこの世に大きな未練を残し、大切な人に伝えたい“想い”を抱えていた。彼らの姿が見えるのは、ガジロウただ一人。そこで、ユウコたちはお金と引き換えにやり残したことを叶えてほしいと懇願する…。

岡本貴也著の「彼女との上手な別れ方」を映画化。この世に想いを残して去る者と残されて生きていく者の決して交差するはずのない“想い”をドラマティックに綴るエンターテインメント。“女たらしでお金に目がない”サイテー男だけれど憎めない主人公のガジロウに岡田将生。一方、プロポールダンサーのユウコ役に広末涼子。ユウコのダンサー仲間に木南晴夏、松井愛莉、彼女たちを支えるDJ兼運転手役に鹿賀丈史など豪華キャストが顔を揃える。監督はドラマ「JIN-仁-」や映画『ROOKIES-卒業-』『ツナグ』などのヒットメイカー・平川雄一朗。未練を残したままこの世を去った人たちの“想い”を大金と引き換えに叶えていくという意表をついたストーリーを、笑って泣ける極上のエンターテインメントに昇華させた。

監督:平川雄一朗、出演:岡田将生,広末涼子,木南晴夏