ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

タランティーノ9作目の長編監督作 L・ディカプリオ×B・ピット豪華競演

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD 2019年 アメリカ

配給:

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ジャンル:

ドラマ/スリラー

公開日:2019-08-30

2019年8月30日(金) 全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

リック・ダルトン(L.ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(B.ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(M.ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる──。

クエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作。1969年のハリウッドを舞台に、実際に起こったチャールズ・マンソンによる女優のシャロン・テート殺害事件を題材に描いたスリラー映画。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2大スターが初顔合わせを果たしたほか、シャロン・テート役にはマーゴット・ロビー。そしてアル・パチーノ、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセルなどタランティーノ作品ではおなじみの面々のほか、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス、ルーク・ペリーが出演する。

監督:クエンティン・タランティーノ、出演:レオナルド・ディカプリオ,ブラッド・ピット,マーゴット・ロビー

予告編・特報