ワン・デイ 23年のラブストーリー

運命の「1日」だけを23年間に渡って描いたロマンティック・ラブストーリー

ワン・デイ 23年のラブストーリー

ワン・デイ 23年のラブストーリー

ONE DAY 2011年 アメリカ 107分

配給:

アスミック・エース

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公開日:2012-06-23

2012年6月23日(土)TOHOシネマズ有楽座 他全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

真面目でしっかり者のエマ(A.ハサウェイ)と、自由奔放で恋多き男デクスター(J.スタージェス)。はじめて会話を交わしたふたりは、魅かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ったり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩をしたり。それぞれの人生を歩み、すれ違いを繰り返しながらもデクスターを想い続けるエマ。そんなある年の“7月15日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられる。そしてさらに積み重なる“7月15日”。2人の恋の結末は?“運命の7月15日”が2人に近づいていた…。

2009年に出版され、イギリス、イタリアをはじめ各国でベストセラーとなった原作を、アカデミー賞3部門ノミネート作品『17歳の肖像』の女性監督ロネ・シェルフィグが映画化。愛する誰かと出逢った日。つまらないことで喧嘩をした日。想いを打ち明けられなかった日。恋をしたことのある人誰もが経験する「1日」だけを23年間に渡って描くロマンティック・ラブストーリー。主演は『プラダを着た悪魔』『ダークナイト・ライジング』のアン・ハサウェイ。共演に『アクロス・ザ・ユニバース』のジム・スタージェス。音楽のレイチェル・ポートマンに加え、主題歌はエルヴィス・コステロが「Sparkling Day」を本作のために書きおろし、物語を感動的に彩る。

監督:ロネ・シェルフィグ、出演:アン・ハサウェイ,ジム・スタージェス,パトリシア・クラークソン