ジェノサイド・ホテル

甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描くアクション・スリラー

ジェノサイド・ホテル

ジェノサイド・ホテル

ONE LESS GOD (HOUSE OF WAR) 2017年 オーストラリア/ネパール 128分

配給:

クロックワークス

ジャンル:

アクション/スリラー

公開日:2018-10-13

2018年10月13日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷“ワールド・エクストリーム・シネマ2018” にて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

休暇でインド・ムンバイを訪れていたショーン。活気に溢れた人々や町並、極彩色のお祭り、その全てに彼は魅了されていた。宿泊先は最高級のタージマハル・ホテル。そこには世界各国から集まった人種、職業も異なる人々が集い、野性味あふれるこの国の喧騒とはまた違った魅力に満ちていた。しかしその夜、彼がこの国で感じた素晴らしい時間、それどころか彼の人生を丸ごとひっくり返すような事態が発生する。聞こえてきたのは爆発音と銃声。突如ホテルに押し入ってきた武装集団が、宿泊客に向け無差別に攻撃を開始したのだ。2008年11月26日、ムンバイ同時多発テロ事件、それは破壊と殺戮、第二の9.11とも言われた惨劇の幕開けだった。

2008年11月26日にインド最大の都市ムンバイで発生したムンバイ同時多発テロ事件。本作では特に被害の大きかった最高級ホテル「タージマハル・ホテル」での4日間に焦点を当て、被害にあった人々の恐怖と絶望を描く。監督は、本作が長編デビューとなる新鋭リアム・ワーシントン。冒頭の美しい映像美から一転、観客を極限の緊張感へと誘うその手腕は高く評価されバイロンベイ国際映画祭作品賞などを受賞した。

監督:リアム・ワーシントン、出演:ジョゼフ・マーラー・テイラー,スクラージ・ディーバック,ミヒカ・ラーオ

予告編・特報