幼な子われらに生まれ

重松清の同名小説を浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶ共演で映画化

幼な子われらに生まれ

幼な子われらに生まれ

2017年 日本

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://osanago-movie.com

公開日:2017-08-26

2017年8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン、田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。

直木賞作家・重松清が1996年に発表した傑作小説を、『ヴァイブレータ』『共喰い』などの荒井晴彦脚本、『しあわせのパン』『繕い裁つ人』の三島有紀子監督が映画化。メインキャストには、浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶ。父親として、母親として、夫として、妻として、誰もが背負わなければならない“役割”。「普通の家族」を築けない不器用な大人たちが、つまずきながらも傷つきながらも、それでも家族になろうと、その“役割”を乗り越え成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。

監督:三島有紀子、出演:浅野忠信,田中麗奈,南沙良

予告編・特報