おしん

1980年代に社会現象を巻き起こしたNHK朝の連続ドラマを映画化

おしん 通常版 [DVD]

おしん

2013年 日本 109分

監督:

冨樫森

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

www.oshin-movie.jp

公開日:2013-10-12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

明治40年、不作のため困窮を極めた谷村家では、7つのおしんが奉公に出される事となる。初めは家族と離れる事に抵抗したおしんだが、母のため、家族のために、精一杯強がり自ら奉公へ出ると決めるのだ。奉公先の材木店では、早朝から夜遅くまで、働き詰めの毎日を強いられた。厳しいしつけにも耐え、辛抱に辛抱を重ねて、「雪とげたら、家さ帰れる……」と言い聞かせ、くじけず前向きに生きてきたおしんだが、店の財布から50銭銀貨がなくなったとき、濡れ衣を着せられ吹雪の中、店を飛び出してしまう。猛吹雪の中、息絶え絶えに歩むおしん。先には新たな出会いが待っていた―。

橋田壽賀子原作、1983年にNHK朝の連続テレビ小説として放送され、国内外で人気を博したドラマ「おしん」を映画化。奉公先で苦労しながらも、ひたむきに生きる少女時代に焦点を絞り、おしんの成長する姿から、逆境を生き抜く力、親子の絆、戦争と平和といったテーマが描かれる。主人公のおしんには、約2500名の応募者の中から選ばれた、宮崎県出身の少女、濱田ここね。おしんの母・ふじに上戸彩。父・作造にSMAPの稲垣吾郎。また、ドラマ版でふじを演じた泉ピン子が、おしんの奉公先となる加賀屋の大奥様・くにを演じる。監督は、『非・バランス』『あの空をおぼえてる』の冨樫森。

監督:冨樫森 、出演:濱田ここね,上戸彩,稲垣吾郎