王様とボク

やまだないとの名作を菅田将暉&松坂桃李&相葉裕樹&二階堂ふみ共演で映画化

王様とボク

王様とボク

2012年 日本 84分

監督:

前田哲

配給:

ユナイテッド エンタテインメント

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://o-boku.com

公開日:2012-09-22

2012年9月22日(土)ユナイテッド・シネマ、シネマート他公開日決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

恋人・キエ(二階堂)と初めて結ばれた、18歳の誕生日の夜。ミキヒコ(松坂)はふと、6歳の頃に不慮の事故に遭って以来、昏睡状態で眠り続けている同級生・モリオ(菅田)のことを思い出す。その後、長い眠りからモリオが目を覚ましたことをニュースで知ったミキヒコは、キエと病院まで会いにいくが、12年ぶりに再会したモリオは、身体が18歳の青年に成長したものの、心は6歳当時のままだった…。

1992年に週刊ヤングサンデーで連載されたやまだないとによる同名コミックを、『ブタがいた教室』の前田哲監督が実写映画化。原作者との共同脚本によりファンタジーを色濃く、今の時代を捉えた新たな解釈によるラストを用意する。「仮面ライダーW(ダブル)」の菅田将暉が、長い眠りから目覚め、6歳の心を持つ18歳の青年モリオという難役で映画初主演。モリオとの再会で気持ちが動かされるミキヒコには、『ツナグ』『今日、恋をはじめます』の松坂桃李。ほかに、「侍戦隊シンケンジャー」の相葉裕樹、『ヒミズ』の二階堂ふみが脇を固める。

監督:前田哲、出演:菅田将暉,松坂桃李,相葉裕樹