アウターマン

実は悪魔だった !?『いかレスラー』河崎実監督による逆転の特撮ヒーロー映画

アウターマン

アウターマン

2014年 日本

監督:

河崎実

配給:

アールツーエンターテインメント株式会社

ジャンル:

アクション/特撮

公式サイト:

http://outerman.net

公開日:2015-12-05

2015年12月5 日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

近未来の日本。特撮ヒーロー番組「アウターマン」シリーズは50周年を迎えていた。シリーズに主演したヒーロー俳優の数も優に50人を超え、平成のアウターマン俳優・足立(塩谷)や吉野(古原)はかつての番組ファンたちに支えられ、日曜日にはイベントやサイン会に出演して平凡で幸せな毎日を送っていた。しかしある日、巨大地震が日本を襲い、噴出した有毒ガスによって人間の住めない地区が増えていく。そんななか、防衛省秘密捜査官の今井(北岡)は謎の男を拘束。「タルバ」(Gero)と名乗るその男の正体は、「アウターマン」シリーズのライバル宇宙人と設定されていたシルビー星人で、アウターマンから逃れて地球に辿り着いたと語るのだった。やがて「アウターマン」が放送され続ける理由が明らかとなっていき、足立と吉野・森脇(戸塚)ら主演俳優は人類を救うための戦いに巻き込まれていく…。

『いかレスラー』『日本以外全部沈没』『地球防衛未亡人』など数々の特撮モノ、ギャグパロディ映画を生み出した河崎実監督が、逆転の発想とユニークなアイデア、そして、特撮愛とオマージュで作り上げた、笑って泣ける特撮映画。50年続く人気特撮番組に隠された陰謀と、人類を救うため“悪の宇宙人”と戦うことになった特撮ヒーロー俳優の姿を描く。主演は「忍風戦隊ハリケンジャー」の塩谷瞬、「炎神戦隊ゴーオンジャー」の古原靖久、「仮面ライダーウィザード」の戸塚純貴。ミューシャンのGeroが「シルビー星人」を演じ、主題歌も担当する。

監督:河崎実、出演:塩谷瞬,古原靖久,戸塚純貴