パンドラの匣

太宰治原作。閉ざされた「健康道場」で繰り広げられる青春時代の淡い恋と人間模様

パンドラの匣 [DVD]

パンドラの匣

2009年 日本 94分

監督:

冨永昌敬

脚本:

冨永昌敬

原作:

太宰治

配給:

東京テアトル

ジャンル:

ドラマ

公開日:2009-10-10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

終戦直後、結核を患う少年・ひばり(染谷)は、「健康道場」と称する風変わりな療養所に入所する。そこで出会った看護婦・マア坊(仲)と、美人婦長の竹さん(川上)、おかしな療養者たちとの日々…。年齢も境遇も異なる彼女たちとの生活を通してひばりは「新しい男」になることを決意し、生きる活力を取り戻してゆく…。

太宰治生誕100年を迎え、『ヴィヨンの妻』『斜陽』『人間失格』等の作品が次々と映画化されるなか、太宰作品には珍しい、ユーモアと希望に満ちたきらきらとした物語「パンドラの匣」が映画化。主人公・ひばりを演じるのは、『フレフレ少女』の染谷将太。彼が想いを寄せる看護婦長・竹さんに、映画初出演となる芥川賞受賞作家・川上未映子。気まぐれな看護婦・マア坊には、仲里依紗。そして、物語の鍵を握るひばりの友人・つくしを窪塚洋介が演じる。監督は、『パビリオン山椒魚』の冨永昌敬。

監督:冨永昌敬、出演:染谷将太,川上未映子,仲里依紗