ペンギン夫婦の作りかた

石垣島の“食べるラー油”誕生の裏に隠された、一組の夫婦の物語

ペンギン夫婦の作りかた

ペンギン夫婦の作りかた

2012年 日本 90分

監督:

平林克理

配給:

プレシディオ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.penguinfufu.jp

公開日:2012-10-20

2012年10月20日(土)ユナイテッド・シネマほか 全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

遠距離恋愛を経て国際結婚したフリーライターの歩美(小池)と、中国人カメラマンのギョウコウ(ワン・チュアンイー)。ある日、彼が勤めていた出版社が倒産してしまい、気晴らしにと訪れた石垣島に魅了され、そのまま移住することに。歩美は料理店で働き、ギョウコウはウコン畑で働き、ゆっくりと楽しみながら新しい土地での生活をスタートさせる。もともと料理好きの2人は、あるイベントをきっかけに石垣島の食材を使ったまったく新しいラー油を作ろうと思い立ち“石垣島ラー油”を誕生させる。石垣島での生活に慣れ、ラー油も順調に売れるようになった頃、ギョウコウは本当の意味で歩美と夫婦になりたいという想いから、帰化申請を決断するが…。

“食べるラー油”ブームの火付け役「石垣島ラー油」を生み出した、辺銀(ペンギン)夫婦のエピソードを映画化。モデルとなった辺銀愛理が綴った「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」を原案に、中国人の夫の帰化申請に奔走する姿や、石垣島ラー油誕生のヒミツ、夫婦の絆を、石垣島の美しい自然と共に笑いあり涙ありで描いていく。主演は、『八日目の蝉』で2011年第85回キネマ旬報 助演女優賞を受賞した小池栄子。心優しい夫・ギョウコウを演じるのは、台湾の人気俳優ワン・チュアンイー。

監督:平林克理、出演:小池栄子,ワン・チュアンイー,深水元基