あの日のように抱きしめて

『東ベルリンから来た女』監督・主演が再タッグを組んだ優しくも切ない衝撃作

あの日のように抱きしめて

あの日のように抱きしめて

PHOENIX 2014年 ドイツ 98分

配給:

アルバトロス・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2015-08-15

2015年8月15日(土)より Bunkamuraル・シネマほかにて全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1945年6月、ベルリン。ネリーは顔に大怪我を負いながらも強制収容所から奇跡的に生還し、顔の再建手術を受ける。彼女の願いは夫ジョニーを見つけ出し過去を取り戻すこと。顔の傷が癒える頃、ついにネリーはジョニーと再会するが、容貌の変わったネリーに夫は気づかない。そして、収容所で亡くなった妻になりすまし遺産を山分けしようと彼女に持ちかける。「夫は本当に自分を愛していたのか、それとも裏切ったのか」。その想いに突き動かされ、提案を受け入れ自分自身の偽物になるネリーだったが…。

『東ベルリンから来た女』のクリスティアン・ペッツォルト監督と、主演女優ニーナ・ホス、共演のロナルト・ツェアフェルトが再タッグを組んだドラマ。終戦直後のドイツ・ベルリンを舞台に、強制収容所で顔に傷を負いながらも整形手術を受け生還した元歌手の妻と、変貌した妻に気づかないピアニストの夫が再会することにより、炙り出される心の傷と深い葛藤、そして夫婦の愛の行方を、亡命作曲家クルト・ヴァイルの名曲「スピーク・ロウ」に乗せてスリリングに描きだす。

監督:クリスティアン・ペッツォルト、出演:ニーナ・ホス,ロナルト・ツェアフェルト,ニーナ・クンツェンドルフ