ピンカートンに会いにいく

アラフォー女子たちが20年ぶりにアイドルを目指す姿を描いたコメディ

ピンカートンに会いにいく

ピンカートンに会いにいく

2017年 日本 86分

配給:

松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

ジャンル:

ドラマ/コメディ

公開日:2018-01-20

2018年1月20日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

かつて、ブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」。20年が過ぎ、リーダーだった優子は今も売れない役者を続けていた。ある日、優子の元にレコード会社の松本からかかってきた電話。それは「ピンカートン再結成」の誘いだった。事務所もクビになり、既に人生も半ば。崖っぷちに追い込まれた優子は、再起をかけて松本と一緒に元メンバーを尋ねるが、メンバーのうち3人はすでに芸能界を去り、返事はつれない。さらに、一番人気だった葵の行方がわからず彼女を知る人たちを訪ねて回るのだが…。プライドだけが肥大した“こじらせ女子”まっしぐらの優子は、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越え、 ピンカートンを再結成させることができるのか!?

『滝を見にいく』『恋人たち』『東京ウィンドオーケストラ』『心に吹く風』と話題作を次々と送り出して きた松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第5弾。ブレイク寸前で突然解散した伝説のアイドルが、20年の時を経てまさかの再結成!?アラフォー女子たちの奮闘を、シニカル&オフビートな笑いと爽やかな感動で描いたヒューマン・コメディ。主演は、『恋人たち』『下衆の愛』の内田慈。ほかに松本若菜、山田真歩、 水野小論、岩野未知、田村健太郎らが共演する。監督は『東京ウィンド オーケストラ』『エキストランド』の坂下雄一郎。

監督:坂下雄一郎、出演:内田慈,松本若菜,山田真歩

予告編・特報