プンサンケ

キム・ギドク製作総指揮。38度線を行き来する運び屋の運命を描いた衝撃作

プンサンケ

プンサンケ

풍산개/豊山犬 2011年 韓国 121分

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ

公開日:2012-08-18

2012年8月18日(土)渋谷ユーロスペースにてロードショー、銀座シネパトスほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

38度線を飛び越えてソウルとピョンヤンを行き来し、3時間以内に何でも配達する正体不明の男――通称“プンサンケ”。北朝鮮製の煙草・豊山犬(プンサンケ)を吸うことから、男はそう呼ばれていた。彼が運ぶのは、離散家族の最後の手紙やビデオメッセージだ。ある時、亡命した北朝鮮元高官の愛人イノクをソウルに連れてくるという依頼が舞い込む。境界線で何度も命の危機にさらされるうち、プンサンケとイノクは互いに言い知れぬ感情を抱くようになる。無事イノクを引き渡したプンサンケだったが、依頼者の韓国情報員に拘束され、卑劣な拷問を受ける。さらに、元高官を殺すためソウルに潜伏していた北朝鮮の工作員までもが介入し、先の見えない衝撃の結末へ突入していく…。

韓国映画界の異端者キム・ギドク製作総指揮・脚本。北朝鮮と韓国を分断する38度線を自由に行き来する正体不明の運び屋“プンサンケ”が、亡命した元北朝鮮高官の愛人をソウルへと運びだしたことから北と南が繰り広げる争いに巻き込まれていく。シナリオに心打たれた主演俳優のユン・ゲサン、キム・ギュリをはじめ全ての俳優・スタッフが無報酬で参加し、極寒での過酷な撮影に挑んだ。日本からもオダギリジョーがカメオ出演している。監督はキム・ギドクの『絶対の愛』『ブレス』で助監督を務めたチョン・ジェホン。

監督:チョン・ジェホン、出演:ユン・ゲサン,キム・ギュリ