R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私

「女による女のためのR-18文学賞」受賞の原作を竹中直人がメガホンをとり映画化

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私

2013年 日本 106分

監督:

竹中直人

出演:

平田薫安藤政信綾部祐二(ピース)、津田寛治

配給:

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-02-02

2013年2月2日(土)、 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国ロードショー!

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ネットを通して、自縛の世界を知り、秘かな趣味としてあたためてきた女子大生、百合亜(平田)。しかし、それを恋人に知られ、破局したことから、一旦は封印する。やがてOLとして働きはじめた彼女は、蓄積されるばかりのストレスを解放する手段として、再び縄を手にした。同時に自縛ブログを始めた百合亜は、40代半ばで女装自縛マニアのW氏と知り合い、ネット上で交流を深めていく。W氏に、自縛報告をすることで、自縛熱も徐々にヒートアップし、ゆるやかにエスカレートしていく…。

新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」の第七回大賞授賞作、蛭田亜紗子の同名小説を、竹中直人がメガホンをとり映画化。自分で自分の身体を縛る「自縛」を題材に、絵本のような語り口も駆使し、絶妙な距離感で女の子ならではの心象を丁寧に編み上げていく。主人公・百合亜に、『アヒルと鴨のコインロッカー』や『るろうに剣心』の平田薫。の上司・矢村に安藤政信、女子大生時代の百合亜の恋人を演じるのはピースの綾部祐二。ほかに、津田寛治、山内圭哉、馬渕英俚可、米原幸佑(RUN&GUN)、銀粉蝶、松尾諭、平田敦子、児玉絹世、鈴木奈々、福士誠治、蛭子能収、吉田照美、つみきみほ、杉本彩という錚々たる芸達者たちが脇を固めている。

監督:竹中直人、出演:平田薫,安藤政信,綾部祐二