RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

一流企業を辞め、夢に向かって再挑戦する男とその家族の姿を描いた感動作

RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010年 日本 130分

監督:

錦織良成

製作総指揮:

阿部秀司

主題歌・挿入歌:

松任谷由実(「ダンスのように抱き寄せたい」)

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://railways-movie.jp/

公開日:2010-05-29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

一流企業に務める49歳の筒井肇(中井)。近々昇進も決まり、会社での立場は確率したものの、家庭ではハーブショップを経営する妻・由起子(高島)とはすれちがい、大学生の娘とも心が離れる一方だった。ある日、島根の故郷で一人暮らす母親が倒れたと連絡が入り、追い討ちをかけるように同期の親友の事故死を知る。故郷に戻った肇は、上り調子だったはずのこれまでの人生を振り返り、いつのまにかすっかり息切れしている自分に気付く。「俺は、こんな人生を送りたかったのか…?」。そして肇は、子供の頃に母親に語った自分の夢、“バタデン”の運転士になることを決意する…。

50歳を目前に諦めていた夢に挑戦する男と、再び繋がる家族の絆を、島根の美しい大自然を背景に描いた心温まる感動作。製作総指揮には『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズを企画・制作したROBOTの阿部秀司。監督は、自身も島根出身の錦織良成。松任谷由実が書き下ろした主題歌が、主人公の心情を豊かに彩る。現在でも島根県東部を走る日本最古級の電車「一畑電車(通称バタデン)」の全面協力のもと撮影された、鉄道ファンも必見の一作。

監督:錦織良成、出演:中井貴一,高島礼子,三浦貴大