レインツリーの国

有川浩のロングセラー小説を、玉森裕太(Kis-My-Ft2)主演で映画化

レインツリーの国

レインツリーの国

2015年 日本

監督:

三宅喜重

配給:

ショウゲート

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公式サイト:

http://raintree-movie.jp

公開日:2015-11-21

2015年11月21日(土)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

向坂伸行は、中学時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本について何気なくネットを検索したところ、“レインツリーの国”というブログを見つける。そこに書いてある感想に共鳴した伸行は、管理人のひとみにメールを送る。数日後、ひとみから返信がくる。ネットを通じて繋がったふたり。そこから、メールのラリーがはじまり、伸行は、ひとみに会いたいと思うようになるが、ひとみは会えないという。かたくなに会うのを拒む彼女には、人には言えない秘密があった…。

「図書館戦争」シリーズ、「阪急電車」など映像化が相次ぐ大人気作家・有川 浩の累計88万部を超えるロングセラー恋愛小説を映画化。主人公・伸(しん)こと向坂伸行役に、「ATARU」「信長のシェフ」などで着実にキャリアを重ね、今作で映画初主演をつとめるKis-My-Ft2の玉森裕太。感音性難聴になってから、長い髪で補聴器を隠し、自分の殻に閉じこもって生きて来たヒロイン“ひとみ”こと人見利香には、モデル・歌手・女優として幅広く活躍する西内まりや。さらに、片岡愛之助、森カンナ、矢島健一、麻生祐未、大杉漣、高畑淳子ら実力派俳優がそれぞれのキャラクターを好演。監督は、『阪急電車 片道15分の奇跡』「銭の戦争」の三宅喜重。

監督:三宅喜重、出演:玉森裕太,西内まりや,森カンナ