利休にたずねよ

茶人・千利休の出発点を描いた直木賞受賞小説を、市川海老蔵主演で完全映画化

利休にたずねよ 通常版 [DVD]

利休にたずねよ

2013年 123分

監督:

田中光敏

配給:

東映

ジャンル:

時代劇

公式サイト:

http://www.rikyu-movie.jp/

公開日:2013-12-07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

雷鳴がとどろく雨嵐の早朝、3千もの兵に取り囲まれた利休屋敷。太閤・豊臣秀吉(大森)の命により、今まさに希代の茶人・千利休(市川)は自らの腹に刃を立てようとしていた。死に向かう夫に対して妻・宗恩(中谷)がたずねる。「あなた様にはずっと想い人がいらっしゃったのでは」。その言葉が、利休の胸中に秘められた、遠い時代の記憶を蘇らせていく…。若かりし頃、色街に入り浸り放蕩の限りを尽くしていた利休はある日、高麗からさらわれてきた女と出逢う。しだいに心を通わせていく2人だが、女は一国の王への貢ぎ物であり、それは叶うはずのない恋。やがて別れの時を目前に迎えた夜、利休の情熱が、ある事件を引き起こす。はたして、その先に利休が見たものとは……。

大胆な仮説のもとに希代の茶人・千利休の出発点を取り上げ、第140回直木賞を受賞した山本兼一の歴史小説を映画化。これまでの利休像をくつがえす「情熱の人・利休」を市川海老蔵が体現。利休を見守り、寄り添う妻・宗恩には中谷美紀。利休にほれ込む戦国の覇者・織田信長に伊勢谷友介。そして、利休へ愛憎をめぐらせる天下人・豊臣秀吉を大森南朋。そして、若き日の利休の師・武野紹鷗役として市川團十郎が特別出演するほか、豪華な出演陣が華を添え、個性豊かな人間模様が「人間・利休」の正体をあぶり出していく。監督は『火天の城』の田中光敏。

監督:田中光敏、出演:市川海老蔵,中谷美紀,市川團十郎