猿の惑星:創世記(ジェネシス)

“なぜ猿が支配者となったのか?”一匹の猿の驚愕の進化─『猿の惑星』の起源

猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

RISE OF THE PLANET OF THE APES 2011年 アメリカ 479分

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

サスペンス/SF

公開日:2011-10-07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

新進気鋭の科学者ウィル(J.フランコ)が新薬開発の実験用に飼っていた身ごもった猿が、研究所内で暴れて射殺された。ウィルはその赤ん坊を自宅に持ち帰り、シーザーと名付けて密かに育てる。母猿の特殊な遺伝子を受け継いだシーザーはすくすくと成長するが、ある事件がきっかけで霊長類保護施設に入れられてしまう。このときすでに育ての親であるウィルの想像をはるかに超え、並外れた知能を有したシーザーは、人間の愚かさに失望してある決意のもとに動き出す。それは地球上の生物の進化の概念を覆し、新たな神話の序章となる壮大な戦いだった…

人間が高度な知能を持つ猿に支配されるという前代未聞の世界観と衝撃的なラスト・シーンで映画史上に燦然と輝く名作となった『猿の惑星』。そのショッキングな世界観の“起源”を解き明かす。

監督:ルパート・ワイアット、出演:ジェームズ・フランコ,アンディ・サーキス