リバーズ・エッジ

岡崎京子原作の同名漫画を行定勲監督×二階堂ふみ主演で映画化

リバーズ・エッジ

リバーズ・エッジ

2018年 日本 118分

監督:

行定勲

配給:

キノフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://movie-riversedge.jp

公開日:2018-02-16

2018年2月16日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

若草ハルナ(二階堂)は、彼氏の観音崎(上杉)がいじめる山田(吉沢)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で結ばれていく。ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居)。閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたと報せを山田から受ける…。

1993年~1994年に掛けて「CUTiE」(宝島社)で連載されていた、岡崎京子の同名漫画を実写映画化。バブルが弾け、世紀末を間近に控えた90年代を舞台に、どうしようもない欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く。監督は、『世界の中心で、愛を叫ぶ』『ナラタージュ』など恋愛映画の大作を手掛ける傍ら、『GO』など若者たちのゆらぎを浮き彫りにする問題作も数多く生み出してきた行定勲監督。主演の二階堂ふみをはじめ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIREら華やかな実力派若手キャストが集結。さらに主題歌は、かねてより岡崎京子と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二が書き下ろしている。

監督:行定勲、出演:二階堂ふみ,吉沢亮,上杉柊平

予告編・特報