ロボット2.0

インドのスーパースター・ラジニカーント主演のSFアクション7年ぶりの続編

ロボット2.0

ロボット2.0

2.0 2018年 インド

配給:

アンプラグド・KADOKAWA

ジャンル:

アクション/SF

公式サイト:

https://robot2-0.com/

公開日:2019-10-25

2019年10月25日(金)新宿ピカデリー他全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ある日、突然、インドの街からすべてのスマートフォンが消えた。そして携帯業者や通信大臣がスマホに殺されるという殺人事件が次々に発生。バシー博士(ラジニカーント)は助手のニラー(エイミー・ジャクソン)とスマホの行方を追ううちに、無数のスマホが合体し巨大な怪鳥に変身していることが判明。やがてその巨大怪鳥は人類を襲いだし、軍隊でも抑えきることのできないモンスターと化す。バシー博士は、かつて封印された、あの伝説のロボット「チッティ」を復活させ、人類を守ることを思い立つ。しかしそれはインド中を巻き込んだ、壮大なバトルの幕開けとなった!

人間との恋に破れ、コントロール不能となったロボット「チッティ」が人類と敵対し暴れまくる姿を描いたインド映画『ロボット』の7年ぶりの続編。突如街中からスマホが次々と失踪し、意思を持つ巨大なロボットに姿を変え人々に襲い掛かる。インドの街が崩壊の危機にさらされ、ついに解体されたロボット、チッティはスーパーパワーを身に着けたバージョン 2.0 として再起動、地球を救うため予測不能なバトルを繰り広げる。監督は『ロボット』を生み出したインド映画界のヒットメーカー、シャンカルが続投。主演を務めるのは前作に引き続き、インドのスーパースター、ラジニカーント。バシー博士の宿敵となるスマホロボット役を『パッドマン 5億人の女性を救った男』のアクシャイ・クマール。絶世の美人ロボット・ニラーをエイミー・ジャクソンが演じる。

監督:シャンカル、出演:ラジニカーント,アクシャイ・クマール,エイミー・ジャクソン

予告編・特報