英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」

名門歌劇場 英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像をスクリーン上映

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」

2018年 イギリス

配給:

東宝東和

ジャンル:

舞台・演劇

公式サイト:

http://tohotowa.co.jp/roh/

公開日:2019-02-01

2019年2月1日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか、全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

手品師で発明家のドロッセルマイヤーはねずみをやっつける罠を発明したが、ねずみの女王は復讐のために彼の甥ハンス・ピーターに呪いをかけ、くるみ割り人形の姿に変えてしまった。呪いを解くためには、くるみ割り人形がねずみの王様を倒し、そして彼を愛してくれる娘が現れなければならない。シュタルバウム家のクリスマス・パーティに招かれたドロッセルマイヤーは、この家の娘クララにくるみ割り人形を贈る。夜中に目覚めたクララは、ドロッセルマイヤーによって魔法の世界に招かれ、ねずみの王様とおもちゃの兵隊たちの戦いを目撃する。クララの助けによりねずみの王様が倒され、くるみ割り人形の魔法が解かれてハンス・ピーターの姿に戻る。クララとハンス・ピーターは雪の王国を経てお菓子の国へ行き、金平糖の精や王子に出会う。美しく賑やかな祝宴の後、夢から醒めたクララは、見覚えのある若者とすれ違う。そしてドロッセルマイヤーの部屋に、ハンス・ピーターが帰ってきた。

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像をスクリーン上映。シーズン4作目は、冬の風物詩として大人から子供まで世界中で大人気の『くるみ割り人形』。チャイコフスキーの美しいメロディに乗せて、夢と魔法がいっぱいつまったこの作品。クラシック・バレエの粋である華やかなパ・ド・ドゥやキラキラした群舞に加え、真夜中に大きくなるクリスマス・ツリー、ねずみの王様との戦い、超絶技巧のキャラクターダンスとバレエの楽しさが揃っている。1984年初演のピーター・ライト版は、数ある『くるみ割り人形』の決定版ともいえる名作で、ホフマンの原作の要素を加えてドロッセルマイヤーの甥ハンス・ピーターが登場。クララとともに大活躍する。

監督:、出演:ギャリー・エイヴィス,アナ・ローズ・オサリヴァン,マルセリーノ・サンベ

予告編・特報