運命の子

中国で2000年以上語り継がれてきた「趙氏孤児」をチェン・カイコーが初映画化

運命の子 [DVD]

運命の子

趙氏孤児/SACRIFICE 2010年 中国 128分

配給:

角川映画

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.unmeinoko.jp

公開日:2011-12-23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

約2600年前の中国・晋の国。敵対する武官の謀略により、趙氏は一族を皆殺しにされるが、生まれたばかりの男の赤子だけ、妃の機転で難を逃れた。「この子が大きくなっても、仇が誰なのか教えないで」出産に立ち会った医師に最後の言葉を残し、妃は自害。医師は赤子を守ろうと奔走するが、その子の命と引きかえに、彼自身の妻子を殺されてしまう。武官への復讐を誓った医師は、孤児とともに武官の門客となった。何も知らない武官は趙氏最後の子を溺愛し、孤児は医師を「父さん」、武官を「父上」と呼び慕うようになる。やがて15年の歳月が経ち、2人の「父」に育てられた運命の子が、すべてを知る時がやってくる…。

中国・春秋時代に実際に起こった歴史的事件を元につくられ、中国で2000年以上の永きに渡って語り継がれてきた物語「趙氏孤児」を、チェン・カイコー監督が初映画化。ただ一人生き残った一族の遺児の過酷な運命とその命をつないでいく人々の希望を描いた一大歴史ロマン。主人公の医師に『活きる』のグォ・ヨウ。仇役に、『孫文の義士団』のワン・シュエチー。ほかにファン・ビンビン、チャン・フォンイー、ホワン・シャオミンが出演する。

監督:チェン・カイコー、出演:グォ・ヨウ,ワン・シュエチー,ファン・ビンビン