貞子

『リング』から20年、伝説のオリジナルチームが恐怖の原点を描いたホラー映画

貞子

貞子

2019年 日本

監督:

中田秀夫

配給:

KADOKAWA

ジャンル:

ホラー

公式サイト:

http://sadako-movie.jp/

公開日:2019-05-24

2019年5月24日(金)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

心理カウンセラーの秋川茉優(池田)のもとに、ひとりの記憶障害の少女が入院してくる。やがてその少女は、1週間前に公営団地で起きた放火事件の犯人・祖父江初子(ともさか)が人知れず生み育てていた子供であることが判明。少女と真摯に向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始める―。一方、WEBマーケティング会社に勤める石田祐介(塚本)の勧めで動画クリエイターとなった、茉優の弟・和真(清水)はアクセス数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうとその火災跡に忍び込むが、動画をアップしたのちに消息を絶ってしまう。茉優は拡散された動画を探し出し、再生してみると、和真の背後に長い髪の女が立っていて…

1998年、“見た者は1週間後に呪い殺される”という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を映画化した『リング』の新たな恐怖を描くホラー映画。監督は、『リング』『リング2』の中田秀夫監督。新ヒロインに抜擢されたのは、映画『みんな!エスパーだよ!』『ルームロンダリング』の池田エライザ。池田演じる秋川茉優(まゆ)と共に事件に巻き込まれ、解決へと導いていく石田祐介役には塚本高史。茉優の弟で、貞子の呪いを呼び起こすきっかけとなるYouTuberの秋川和真役に清水尋也。ほかに、姫嶋ひめか、桐山漣、ともさかりえ、そして初代『リング』で奇跡的に生き残る女子高校生・倉橋雅美役を演じた佐藤仁美が、20年ぶりに同役で再登場する。

監督:中田秀夫、出演:池田エライザ,塚本高史,清水尋也

予告編・特報