貞子3D

J・ホラー最恐キャラが3Dで登場!原作・鈴木光司書き下ろしによるシリーズ第5弾

貞子3D  2枚組(本編2D&3D blu-ray・特典DVD付き)

貞子3D

2012年 日本 197分

監督:

英勉

配給:

角川映画

ジャンル:

ホラー

公式サイト:

http://www.sadako3d.jp

公開日:2012-05-12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

鮎川茜(石原)が勤める女子高で、ある男の自殺を生中継した動画が噂となる。その動画を生放送で見た者は全て同じ時刻に死亡、サイトの管理人も自殺したが、削除されたはずの動画はゲリラ的にアップロードされていた。そんななか、動画探しに夢中になっていた茜の教え子・典子が不可解な死を遂げる。捜査に乗り出した警察は、一連の不審死を自殺と断定するも、その死の影に呪いの動画があることを突き止める。そして捜査線上に、最初に生放送を行った柏田という人物が浮かび上がる。その頃、典子の死を受け入れられないクラスメートの理沙は、学校の自習室で呪いの動画探しに躍起になっていた。心配した茜が駆けつけた時、ウェブサイトで動画が再生され始める…。

1998年の劇場公開時、瞬く間に大ヒットし、J・ホラーブームを巻き起こした『リング』。その最恐キャラクターの貞子が、原作者・鈴木光司による完全書き下ろしのもと、3Dで甦る!「見た人が死ぬ」というビデオが、今度はウェブサイト上の動画に変わり、3Dとなった貞子がスマホやパソコンから這い出てくる。主演に石原さとみ、共演に『ランウェイ☆ビート』の瀬戸康史のほか、染谷将太、山本裕典ら若手俳優が顔を揃え、『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』の英勉がメガホンをとる。

監督:英勉、出演:石原さとみ,瀬戸康史,高橋努