桜、ふたたびの加奈子

広末涼子・稲垣吾郎共演。いのちの循環をテーマに描いたヒューマン・ドラマ

桜、ふたたびの加奈子 [Blu-ray]

桜、ふたたびの加奈子

2013年 106分

監督:

栗村実

出演:

広末涼子稲垣吾郎福田麻由子高田翔(ジャニーズJr.)、江波杏子

配給:

ショウゲート

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://sakura-kanako.jp/

公開日:2013-04-06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

桜の季節。容子(広末)は、小学校入学を前にした娘・加奈子を不慮の事故で亡くしてしまう。自分を責め、思いつめた容子は、娘の部屋で自殺を図るが、あわやのところで一命をとりとめる。そしてその日から不思議なことを言い始める。「加奈子はここにいる」そして、容子は見えない加奈子のために食事を作り、話しかけ、出かけるようになる。夫の信樹(稲垣)は、そんな容子を救い出したいと願いながらも、見守ることしかできない。ある日、容子は正美という女子高生に出会う。まだ高校生ながら、シングルマザーとして子供を産む決意をしていた正美。そんな正美をみて容子は直感する。「加奈子が生まれ変わって帰ってくる―」母の一途な想いが起こした行動は、やがて思いがけない出会いへと導かれていくのだった…。

新津きよみの小説「ふたたびの加奈子」を、広末涼子主演で映画化したヒューマン・ドラマ。監督・脚本を手掛けたのは、長編デビュー作『飯と乙女』がモスクワ国際映画祭で最優秀アジア映画賞であるNETPAC賞を受賞した栗村実。広末演じる主人公・容子の夫・信樹役に稲垣吾郎、ほかに福田麻由子、高田翔(ジャニーズJr.)、江波杏子と豪華キャストが顔を揃え、音楽には、米国タイム誌で“現代のベートーベン”と称されたクラシック界の鬼才・佐村河内守。儚いからこそ美しい桜をモチーフに、母と子の絆、いのちの不思議を描いていく。

監督:栗村実、出演:広末涼子,稲垣吾郎,福田麻由子